キャッシングの必要書類にはどんなものがある?

キャッシングに申し込みするときには書類の提出が必要です。

この書類には本人確認書類と収入証明書類と2種類あります。

本人確認書類は本当に本人による申し込みなのか確認するために必要となっています。

本人確認書類は運転免許証、健康保険証、パスポートなどいずれか一点の提出で構いません。

アルバイトやパートの方は運転免許証、またはパスポートを提出すると良いです。

収入証明書類は源泉徴収票、確定申告書、税額通知書、所得証明書、給与明細書などいずれか一点です。

この収入証明書類は条件さえ満たせば提出不要にすることが可能です。

一つは50万円以下の利用限度額を希望することと言う条件です。

50万円超を希望すると収入証明書類の提出が必要となります。

もう一つは希望する利用限度額と他社借入額の合計が100万円以下と言う条件です。

他社借入額が多い方は100万円を超えないように利用限度額を調整してみて下さい。

もし調整しても100万円を超えてしまうと言う場合は収入証明書類の提出が必要です。

その他にも属性によっては収入証明書類の提出が求められることがあります。

2つの条件を満たしても必ず提出不要と言うわけではありません。

インターネットで申し込みした場合はメールで提出することが可能です。

その他ファックスやスマホアプリなどいろいろな提出方法があります。

キャッシングによって提出方法が異なるために事前に確認して下さい。



このページの先頭へ